50余年の地道な技能者成育事業に裏付けられた実績をもとに、一般社団法人全日本建築士会が総監修した、建築関連資格の特別養成講座

新優遇制度の建築士賠償保険の募集

国際協力建築士の募集

今和次郎、採集講義展

本会専務理事叙勲

- 本会主催公益事業 -

日越独仏韓5ヶ国 伝統木造建築 国際会議開催

ユネスコ・イコモスの日仏準備会議

日仏景観会議、倉吉

日越伝統木造建築会議 ベトナム・トゥア・ティエン・フエ

日越伝統木造建築会議 ベトナム・フエ

日仏景観会議、倉吉

日仏景観会議、伊勢

日仏景観会議、日光・田母沢・東京

2022年度 2級建築施工管理技士一次二次検定基礎力・実践力養成コース (通学)

令和3年度(一次検定・二次検定)試験ストレート合格率
(※当会基準取得者)
80.9%
申込特典
①経験記述添削 2回
②模擬試験 2回
③本講座を受講される方には、一次検定試験合格を確実にするために過去問題を徹底分析して作成された「総復習用厳選問題・解説集」を、特典として贈呈いたします。
資料請求 お申込み
<一次検定用講座>
臨場感あふれる講義収録動画好きな時に何回でも見て
学習することができます!
② 開講後でも『収録済み動画』を配信!途中からでも正規日程で
受講できるので安心!
③ 回数に制限のない質疑応答の学習支援制度!
④ 一次検定講座終了後に「一次検定用演習問題集」で復習!
<二次検定用講座>
① 開講後に『共通カリキュラムによる講義の収録動画』を配信!
欠席した場合や復習のため等にいつでも受講
することができる!
② 即質問ができ、規則的な学習のできる通学講座が確実な合格へ導く!
③ 本会の通学講座は安全・安心への万全な感染対策のもとに実施致します
2級講座の説明
受講回数 開講日 受講料 申込ボタン
8回
(学科5回・
実地3回)
開講・募集中
(お申込後即
スタート)
併用:54,000円(税込)

<2級建築施工管理技士講座・サンプル動画はこちら!>

講座日程

一次検定(学科):開講・募集中(お申込後即スタート)
二次検定(実地):令和4年9月25日(日)スタート

(通信講座はこちら)

受講回数

一次検定(学科):基礎力養成講座2回+実践力養成講座3回
二次検定(実地):基礎力養成講座1回+実践力養成講座2回

計8回

受講教室・時間

<受講教室>
通学講座:渋谷教室
住所:渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館8F フォーラムエイト(地図

<講座時間>
通学・通信共 1講義あたり3時間
通学講座は、
・午前の部:9時30分~12時30分、
・午後の部:13時30分~16時30分の計6時間

通信講座は、通学講座のライブ講義をそのまま収録した動画による学習となります。
併用講座は、一次検定講座を通信・二次検定講座を通学で受講する形態です。

受講料

併用 54,000円(税込:教材費込)

※テキスト代、問題集代は受講料に含まれています。

お申し込み締め切り
受講回数 開講日 受講料 申込ボタン
8回
(学科5回・
実地3回)
開講・募集中
(お申込後即
スタート)
併用:54,000円(税込)

<2級建築施工管理技士講座・サンプル動画はこちら!>

合格者の声

● 受講して勉強した部分が80%ほど出題され、本当に良かった。学習ペースやスケジュールの組み方などが判り易かった。

● 「『経験記述』は、参考書に書かれている様な内容ではダメ。あなたの経験から、あなたの言葉で!」とW先生から繰り返し言われたので、意識しながら書けるようになりま した。

● 重要ポイントを絞った講義で、時間を有効活用できました。全体的には要点にしぼった内容でわかりやすく、非常によかった。

● 模試試験が大変参考になりました。また、解答を見直す事で、力がついたと実感でき ました。

● 模試や添削がついてこの値段はうれしいです。模試の内容も実践的で良かった。模擬試験のレベルが本試験とほぼ同じようで、得点もほとんど変わらず、自分のレベルの参考 になった。

● どの講師も短い時間内で要点をしっかり教えてくれるので、非常にたすかりました。

教材類

①「令和4年度版 建築施工管理技士 第一次検定 要点テキスト 2級」
(市ヶ谷出版社)
②「令和4年度版 建築施工管理技士 第一次検定 即戦問題集 2級」
(市ヶ谷出版社)
③「2級建築施工管理 第二次検定 過去問題と解説 2022年版」
(地域開発研究所)

教材

(③の画像は、2021年度版です)


●お問い合わせ・お申し込みはこちら
メール:全日本建築士会

令和4年度講座のお申し込みはこちらから

受付は平日午前10時より午後5時までとなります。
夜間及び土・日曜日・祝日はメールにてお願いします。

Copyright(C) 2005 一般社団法人全日本建築士会. All rights reserved.